​給与計算・手続き代行
従業員が加入する社会保険、労働保険は事業主や従業員の意思にかかわらず要件に該当すれば強制的に加入することになります。
これらの手続きは、毎年の年度更新や算定基礎届だけではなく従業員の入社や退社、氏名の変更、被扶養者の増減など、何かあるたびにその都度手続きは発生します。
 
しかし、労災保険、雇用保険、社会保険等それぞれ提出先や提出期限などが異なり、どの書類をどんなタイミングで提出すればいいのかわかりにくいのが現状です。
また、給与計算業務については毎月発生しますが、直接利益を生み出すことはありません。
しかし、労働法や税法などの専門的な知識が必要な上、計算ミスがあると従業員の信頼を失う可能性もあります。
​また、担当者の突然の退職や給与額が社内で流出するなど諸々の問題がおきやすい業務でもあります。
このような手続きや給与計算は時間さえかければ難しいものではありません。しかし、煩雑であり迅速かつ正確に対応していく必要があります。専門家である社労士に委託することにより、企業はより重要な業務に専念することができます。
​給与計算代行の流れ
​本稼働に備えて準備期間を設けさせていただいております。通常1か月から2か月程度です。
​お問い合わせ・打合せ
​必要書類・各種データのご提出
​給与計算に必要な下記のデータをご提出いただきます。
​・就業規則や賃金規定
・賃金台帳または給与明細一覧表
・社員情報
​初期設定の実施、本稼働
​月締め勤怠データのご提出
​給与掲載項目ごとのデータをご提出頂きます。
​当事務所にて給与計算を実施、納品
​頂いたデータに基づいて給与計算額を算出いたします。